同窓会とは

2009年6月25日、女子美術大学同窓会は、1917年以来、現在までの任意団体から、非営利の一般社団法人女子美術大学同窓会になりました。社会に責任の持てる人格ある組織として、これからも、母校のイメージアップに努め、社会に開かれた文化活動を継続していきます。

 

ビジョンと目的

基本理念

女子美術大学同窓会は、時代とともに、社会にひらかれた創意ある文化活動を行い、その活動を通して、会員相互の交流と親睦を深める。
つねに母校と連携をはかり、伝統の継承と発展に貢献する。
国境を越えて、未来を創造する母校のイメージを高める。
 

同窓会の事業

同窓会の事業で文化活動を媒介に、社会や地域に問題を提起して母校とともに、下記のような同窓会活動を行います。

■ 総会・理事会、支部長会議・幹事会の開催
■ 同窓生の名簿管理
■ 国内外の各支部との相互協力
■ 女子美同窓会奨学金授与と募金活動
■ 同窓会企画の展覧会、催し物の実施
■ 新会員へ「同窓会誌」、全会員へ「女子美同窓会会報」の作成・配付
■ 子ども感性教育研究会
■ 「絵いっぱい運動」の広報・実施
■ 同窓会ホームページの運営
■ 特別事業の企画・実施
■ 同窓会グッズの制作・頒布
■ その他の文化活動
 

同窓会の組織・運営

同窓会の組織図
総会・理事会・幹事会

 

<名誉会長> 福下 雄二 理事長、横山 勝樹 学長
<永久名誉会長> 大村 智 元理事長、小松 弘光 元学長、佐野 ぬい 元学長
<2016年度 会 長> 面出 和子
<2016年度 副会長> 木下 道子、高岡廸子、吉村久好

 

1. 同窓会会員 卒業と同時に会員となる(会費は卒業時に学校法人により徴収される)・終身制
2. クラス幹事 各専攻から卒業時に1~2名選出される・交代制
3. 学内幹事  学内の教員、職員である同窓会会員
4. 特別幹事  退職した3の会員
5. 監事    1の中から選ばれる・任期2年(2期まで再選できる)
6. 学外理事  1の中から選ばれる・任期2年(2期まで再選できる)
7. 学内理事  3の中から選ばれる・任期2年(2期まで再選できる)
8. 会長    理事の中から互選される・任期2年(2期まで再選できる)
9. 副会長   理事の中から互選される・任期2年(2期まで再選できる)
 

 

理事会運営の枠組み

同窓会が推進する文化活動の企画・推進はすべての領域で行うものとする。
会長・・・本会を代表する。公式行事の参加。学校法人との折衝。
副会長・・会長を補佐する。公式行事の参加。学校法人との折衝。
 

<総務領域>
総務PJ:会議の運営(総会・理事会・支部長会議・幹事会)
会計PJ:会費の管理。予算、決算書の作成。

<広報領域>
広報PJ:同窓会会報・同窓会誌の作成
企画PJ:同窓会展の企画・準備・実施
HPPJ:同窓生の情報収集・HP編集制作

<事業領域>
事業PJ:講演会・行事・イベント実施
子ども感性教育研究会PJ:セミナー企画・実施・冊子作成
絵いっぱい運動PJ:病院・療養所などへ絵を送る運動の実施

<特別事業委員会>
永久名誉会長 大村智氏、小松弘光氏、佐野ぬい氏関連の文化事業
収益関連のグッズ企画・制作販売、その他の文化活動のための企画・推進

事務局の業務

会議等の準備、名簿の管理、支部との連絡、同窓会事務室および会議室の管理、各PJおよび委員会運営の事務的な処理、その他の窓口業務など。